全て無料でご使用頂けるTELOPICTの取り扱い説明書サイトです
素材の使い方動画編集に役立つTIPS記事を画像付きで紹介していきます
「中の人」が動画編集ソフト・アプリを使って実際に素材が使えるか検証!

スマホの動画編集アプリ向けの記事 使い方紹介 動画編集向けの記事

【InShot】スマホで動画編集できる?素材の調整を実際にやって試してみました→アレンジは微妙だけど、侮れないアプリ。【実践】

InShotでTELOPICTの素材は調整出来る?中の人が実際に検証してみた

InShotでもTELOPICTの素材って使えるみたいだけど、素材の調整とかもちゃんとできるのかな?

少し難しい要素もありますができます!今回は全くInShotを使ったことがなかった「TELOPICTの中の人」が実際にアプリを使って検証してみました。

素材が使えるかの検証記事はこちら

InShotでTELOPICTの素材は使える?中の人が実際に検証してみた
【InShotでTELOPICTの素材は使える?】素材サイトの中の人が検証!→使えるけど、アレンジは難しいかも【使ってみた】

続きを見る

InShotは無料で使えるスマホの動画編集アプリ

InShotはTELOPICTの素材もちゃんと使えるスマホ向けの動画編集アプリです。

初めてのときはチュートリアルも表示されるので、操作がわかりやすいアプリです!

このアプリは Google Play と App Store で入手できます。

Inshot ロゴ
Inshot

Google Play で手に入れようAppStoreからダウンロード

今回は無料版を触っていますが、有料版の7日間トライアルもあるアプリです。評判もなかなかいい、人気アプリですので一度試してみてはいかがでしょうか?

素材が使えることはわかったけど、編集はどうなの?

はてな

前回の【InShotでTELOPICTの素材は使える?】の記事ではMP4形式のグリーンスクリーン素材が無事に使えることが判明しました。

今回は実際に調整や編集ができるのか【TELOPICTの中の人】が検証していきます。

今回の検証結果

  • MP4のグリーンスクリーン素材を読み込み→ できる(やり方は前回の記事参照)
  • 大きさや角度調整 →できる(回転は出来るけど、細かい角度は無理。反転も元の動画意外はできない)
  • 色調整 →できる

ということがわかりました。

詳しいやり方を画像付きで見ていきましょう。

サイズや位置の調整

指でタップして移動させられます。

位置の調整

位置の調整は画面内の素材をタップしながら指で移動させるだけなのでめちゃくちゃ簡単です。

好きな位置に持っていくだけでOKです。

右下の矢印が付いた丸を押しながら移動させると拡大縮小できます

サイズ調整

サイズ調整についても指の操作で完結します。

画像の右下のについている矢印のアイコンをタップしながら指を移動させると拡大・縮小できます。

タイムライン上の素材を左右にタップすると表示タイミングを調整できます。

ちなみに、指でタイムラインの素材をタップしながら左右に移動させることで表示するタイミングを調整できます。

ここらへんは他の動画編集アプリとも同じ操作ですね。

回転と反転(難あり)

素材を2つの指で押さえる感じでタップしながら回転させる

回転

回転の仕方がやや悩んだのですが、画像の感じで2点を抑えるようにタップしながら回転させると、画像が回転してくれました。

挿入した画像用のメニューの中に回転や反転の操作はないので、角度のアレンジは結構しんどい感じがしました。

元の画像の方は回転したり反転するメニューがあります

ちなみに、元の素材(この画像で言うと港の風景の素材)には「回転させる」と「フリップ」のメニューがあるので、回転も反転もメニューから調整することが出来ます。

回転などに関しては他のアプリの方が調整しやすい感じですね。。今後に期待しましょう!

色味の調整

色調整はメニューの「フィルタ」から行います

色調補正

色味の調整をしたい時は下の方のメニューから「フィルタ」をタップします。

色合いなどのスライダーを左右に動かすと色調整が可能です。

調整をタップして出てくるメニューで色々調整できます。

項目ごとにスライダーを調整してあげると色合いやコントラストなどを調整可能です。

色味の調整はCapCutと結構似てますね。

描画モードはメニューの「ブレンド」から変更できます

描画モード切替

普通の動画編集ソフトなどで搭載されいている「描画モード」のようなモード変更をしたい時はメニューから「ブレンド」をタップします。

ブレンドの中から好きなモードを選びます

描画モードが色々出てくるので好みに応じて変更してあげるといいでしょう。

一応機能としては果たしていますが、絵として作りこむ用途では物足りない印象でどういうときに使うのが正解かちょっと微妙な感じがしました。これも今後に期待ですかね。

素材のアレンジには少し難あり。ただし操作はサクサクで編集しやすい

有料版じゃないと透かしがでたりと、色々制限はあるもののワンタップでいろいろな効果を入れられて楽しい。

今回の検証では素材の反転が出来ないなどちょっとマイナスな点もありましたが、挿入画像に「エディット」から色々なアニメーションを付けたりできたりマスクやテキストも簡単に入れられるなどスマホで出来るレベルとしてはかなり機能が豊富だと思いました。

有料版は7日間のトライアルがついているので、有料版の機能を覗いてみるのもオススメです。

TELOPICT.comではInShotでも使える素材がたくさんあります。

今回の検証で使った素材はTELOPICT.comで無料公開されています。

その他にもかわいくて楽しい素材が毎日追加されていますので、是非チェックしてみてくださいね!

動画編集にもブログにも楽しい動く素材が全部無料

今すぐTELOPICT.comを覗きに行く!

-スマホの動画編集アプリ向けの記事, 使い方紹介, 動画編集向けの記事
-, , , , ,