全て無料でご使用頂けるTELOPICTの取り扱い説明書サイトです
素材の使い方動画編集に役立つTIPS記事を画像付きで紹介していきます
「中の人」が動画編集ソフト・アプリを使って実際に素材が使えるか検証!

動画編集向けの記事 ソフト・アプリ紹介 Premiere Pro向けの記事 After Effects向けの記事 Wondershare Filmora向けの記事

【動画編集】動きのループが可能な素材をループさせる方法まとめ

動画編集、いろいろなソフトで素材の動きをループさせる方法

TELOPICT.comの素材で、「ループ可能」となっている素材があったけど、どうやってループすればいいのかな?

そんなあなたにループ素材の繰り返し表示の仕方を伝授します!

ループ可能な素材を繰り返す

ループ方法はとても簡単です!

だいたいの動画編集ソフト

TELOPICT.comでよく紹介をしているPremiereProやWondershare Filmoraなどではコピーして順番に繋げていくだけでOKです。

表示したい長さだけ繋げてあげるだけなので、とても簡単ですよ。

だいたいの動画編集ソフトでは画像のようにタイムラインに素材を並べていくだけなので、同じように繋げて使ってもらえれば大丈夫です。

After Effectsならタイムリマップ機能が便利。

After Effects
でループを作成するなら、もちろん、他ソフトと同様にタイムライン上で繋げていくのもOKですが、タイムリマップ機能というのがあるのでそれを使えばループも時間編集も自由自在です。

step
1
読み込み

まずはタイムラインパネルにループしたい素材を読み込みます。

step
2
「タイムリマップ」を適用する

素材を右クリックして出てくるメニューから「時間」>「タイムリマップ使用可能」を選ぶか、ctrl+Alt+T(Macの場合はcommand+Option+T)を押します。

タイムリマップのキーが表示されます。

step
2
ループの設定をする

タイムラインパネルの左端の方にキーを追加するボタンがありますので、「最後に打たれているキー」の1F前にキーを打ちます。

「最後に打たれているキー」は「一番最初に打たれているキー」をコピーしてきて同じキーにします。

Alt(Macの場合はOption)を押しながらストップウォッチマークのボタンを押します。

のボタンを押して「Property」>「loopOut(type = "cycle", numKeyframes = 0)」を選べば完了です。

この設定をしておくと表示時間を伸ばしても勝手にループを続けてくれるので追加で素材を繋げたり、ループの設定をし直す必要がありません!

その他にもキーとキーの間隔を狭めると動きを早くできたり、間隔を広めるとスローにできたりします。

時間調整については慣れてしまえば他のソフトより自由がきいて操作もやりやすいです。

After Effectsはモーショングラフィックを作ったりするのに強いソフトで、長時間の動画の編集には向いていませんが、Premiere Proで出来ない高度なアニメーションもできたりするので面白いですよ。

もちろんPremiere Proとの連携もできるので、Creative Cloudを契約しているならマスターしておきたい大おすすめのソフトです。

注目!プロも使っている本格クリエイティブアプリ注目!

TELOPICT.comはループ可能なイラストアニメーションが盛沢山!

TELOPICT.comでは動きのループする素材が沢山用意されています。もちろんすべて無料でお使いいただけます。

毎日素材が追加されていますので、是非チェックしてみてくださいね!

動画編集にもブログにも楽しい動く素材が全部無料

今すぐTELOPICT.comを覗きに行く!

-動画編集向けの記事, ソフト・アプリ紹介, Premiere Pro向けの記事, After Effects向けの記事, Wondershare Filmora向けの記事
-, , , ,