全て無料でご使用頂けるTELOPICTの取り扱い説明書サイトです
素材の使い方動画編集に役立つTIPS記事を画像付きで紹介していきます
「中の人」が動画編集ソフト・アプリを使って実際に素材が使えるか検証!

使い方紹介 動画編集向けの記事 Premiere Pro向けの記事

【Premiere Pro】グリーンスクリーン素材の使い方。素材調整やアレンジの仕方も紹介します。【素材サイトの中の人が実際にやってみた】

Premiere ProでTELOPICTのグリーンスクリーン素材を使う・調整する方法まとめ

PremiereProで動画編集をしていて、グリーンスクリーン素材を使ってみたいんだけどどうやって使えばいいんだろう?

Premiere Proは動画編集で大人気のAdobeソフトですよね。TELOPICTの素材も含め、グリーンスクリーン素材は簡単に使えてアレンジも出来るので、今回は使い方&調整方法を紹介していきます!

Premiere ProはグリーンスクリーンだけでなくMOV形式の素材も使えるから超便利。

TELOPICT.comでは

  • アルファ(透明な部分)の付いたMOV形式の素材
  • 背景が緑色になったMP4形式の素材

の2種類があります。

Premiere ProはMOV形式に対応しているのでデータ容量に余裕がある場合はMOV形式の素材を使うと重ねるだけですぐ使えるのでとても便利です。

MP4形式の素材も緑の部分を簡単に抜くことができるので、お好みで使ってみてくださいね!

グリーンスクリーンの抜き方

緑になっている部分の抜き方はTELOPICTIONのYouTubeチャンネルで紹介した動画がわかりやすいので一度ご覧になってみてください。

読み込み

メディアブラウザからお好みの素材をタイムラインにドラッグすれば読み込みができます。

読み込みはメディアブラウザーからお好みの素材をドラッグするだけで簡単にできます。

今回はグリーンスクリーンの素材を読み込んでみます。

まだ緑色の部分を抜いていないので、元の画像が隠れてしまいます。

緑色の部分を抜いていないので元の画像が隠れてしまいます。

この時点でMOV形式を読み込めば背景が透明になっているので、後は位置やサイズ等を調整するだけです。

緑の部分を指定して色を抜く

タイムラインでグリーンスクリーン素材をクリックして選択し、エフェクトから「Ultraキー」を適用します。

①タイムライン上のグリーンスクリーンの素材をクリックして選択状態にします。

②エフェクトの「Ultraキー」をかけます。

エフェクト>ビデオエフェクト>キーイング>Ultraキー とたどっていってダブルクリックをして素材に適用します。

③エフェクトコントロールに「Ultraキー」が追加されたら準備は完了です。実際に抜いていきましょう。

Ultraキーのキーカラーで抜きたい色を指定します。

④エフェクトコントロールのカラーキーの項目で「キーカラー」を指定します。

スポイトボタンを押して、画面内の「抜きたい緑色の部分」をクリックすると指定した色の部分が消えます。

ちなみに、「カラーキー」や「旧バージョン>クロマキー」でも同じように抜けます。クロマキーを使う時は「類似性」の項目の数値を上げると余分に残った緑色を抜くことが出来ます。

配置した素材の調整

サイズや位置、角度など

エフェクトコントロールのモーションの項目で位置・スケール・回転・不透明度や描画モードが変更できます。

位置や大きさを調整したい時はエフェクトコントロールパネルで「モーション」内の項目をいじると調整可能です。

  • 位置はX軸(横)Y軸(縦)の位置が数値で指定できます。
  • スケールは拡大縮小を指定できます。100が素材そのままの状態で、例えば50にすると元の素材の大きさの50%のサイズになります。
  • 回転は角度を指定できるので、素材を斜めに配置したい時などに数値を入れましょう。
  • 不透明度の数値を低くするほど、素材が透明になります。
  • 描画モードは光っぽい処理や影っぽい処理にしたい時などにお好みで変更してみましょう。

モーション内の項目のどれかをダブルクリックすると画面内でドラッグすることで直接素材を移動させることが出来るようになります。

モーション内の項目「位置、スケール、回転、アンカーポイント」のどれかをダブルクリックすると、画面内に調整用のボックスが表示されます。

白い丸のハンドルをドラッグすると拡大・縮小(左右にずらすと回転)、素材をつかんでドラッグすると好きな位置に移動することが出来ます。

数値できっちり合わせたりする必要がなければこの方が直観的に操作できるので、簡単に調整できます。

色味の調整

エフェクトのカラー補正をかけていけば色味調整も可能です。

エフェクト>ビデオエフェクト>カラー補正 に収納されているエフェクトで色調整も可能です。

画像はLumetri カラーというものをかけてみましたが、その他のエフェクトでも色味の調整が可能です。コントラストなどがいじれるものもあるので、お好みでかけてみてください。

時間調整の仕方

ループの仕方

TELOPICT.comの素材はループできるものが沢山あります。

タイムラインでループしたい素材をコピーしてペーストをして繋げるだけです

ループをする場合は「ループしたい素材」をコピーして(Ctrl+C ※MacはControl+C)お好みの時間分ペースト(Ctrl+V ※MacはControl+V)するだけです。

この時にタイムライン左側にある「このトラックのトラックターゲットを切り替えます」のボタンがコピーした素材と同じレイヤーになっていないと別のレイヤーに上書きされてしまうので注意しましょう。

止め方

場合によっては最後の絵を止めて表示時間を延長したい場合があると思います。

止めたい位置に合わせて、右クリックしてフレーム保持を追加を選択した後、タイムラインをドラッグして必要なだけ伸ばします

素材をクリックして選択後、「伸ばしたい絵」の位置に現在地(タイムラインの青い縦線)を合わせて右クリックをします。

メニューの中から「フレーム保持を追加」を押した後にタイムライン上で必要な長さ分ドラッグして素材を伸ばせば、絵を止めたまま表示時間を延長することが出来ます。

動画編集ならやっぱりこれがイイ!

Premiere Proはデザイン系に強いAdobeシリーズの動画編集ソフトです。

更新も頻繁にされていて新機能がどんどん追加されていますし、有名ソフトなだけあってネットにも使い方がたくさん紹介されています。

コンプリートプランなら他のソフトとの連携も便利で、プロ仕様の動画が作れます。

個人的にはAfter Effectsでアニメーションを作って、Premiere Proで編集をする、という連携プレイが最強だと思っています!

2つ以上のソフトを連携させる時はコンプリートプランがお得になるので、是非チェックしてみてくださいね!

 Adobe Creative Cloudのプランをチェックする 

TELOPICT.comではPremiere Proでも使える素材がたくさんあります。

今回の検証で使った素材はTELOPICT.comで無料公開されています。

その他にもかわいくて楽しい素材が毎日追加されていますので、是非チェックしてみてくださいね!

動画編集にもブログにも楽しい動く素材が全部無料

今すぐTELOPICT.comを覗きに行く!

-使い方紹介, 動画編集向けの記事, Premiere Pro向けの記事
-, , , , ,